「 2017年11月 」一覧

愛知学院大学の受験

高校2年生の時、学力テストで学年でトップの成績をとって…大学進学を意識するようになりました。
受けた大学は、短大を含めて3つ。第一志望と滑り止め、意識はしていました。
滑り止めは、センター試験のみで結果が出る大学で。センター試験の成績がすごくよかったので、自信満々というか落ちることは全く考えていませんでした。

滑り止めは、名古屋女子大学。文学部の日本文学科です。
今現在はその学科が存在していないのですが…倍率は高くも低くもなかったと思います。
第一志望は愛知学院大学文学部。どちらかというと人気がある大学だと思います。

願書は、ここで取寄せました。

愛知学院大学 願書

学校がきれいで…受かるといいなと思っていました。あとは他に短大ひとつです。
短大についてはなんとなく受けたのであまり記憶に残っていません。

滑り止めは、センター試験のみでの受験だったので。
文学部なだけに、国語の成績が大きくかかわっていたんじゃないかと思います。第一志望のほうは、英語と国語のみで受験しました。教科数が少ないほうが倍率が高かったみたいです。

センター試験は、滑り止めの受験のこともあったし、先生たちのすすめもあったので受けました。一応5教科で。
実は直前にインフルエンザにかかって1週間休んでしまっていたので…勉強は全然できませんでした。
寝てばかりでしたね。自信があった国語は自己採点で175点。手ごたえアリ、といった感じでした。

受験勉強は、普段の授業をきちんと受けることと…学校での補習的な。そういうのオンリーでした。塾に通いたいな、という気持ちはあったんですけど、家の近所になかったんですよね。あと、親に遠慮して塾にまで通いたいとは言い出せなくて。通うことができませんでした。

第一志望の手ごたえは、実はあったんです。正直言うと、受かっただろうな、と。そんな風に思っていました。でも結果は不合格でした。
1点足りなくて落ちてしまいました。なぜ1点、と知っているかというと、学校に連絡が来たからです。

補欠で間違いなく受かるだろう、ということで先生が教えてくれたんですよね。それなのに…残念ながら、繰上げ合格は無しで。

浪人する勇気はなく、結局は滑り止めだった名古屋女子大学に進学することになりました。
進学してからも、もう一度来年受験しようか、なんて考えたりしていたんですけど、途中で気が変わって、名古屋女子大学を普通に卒業しました。私には、勇気もお金も足りませんでした。

願書はどうやって取り寄せたのか…よく覚えていません。学校でいろいろやってもらったような?そんな記憶があります。期待を背負っていたのに、結果を出せなくて。しばらくは凹みましたね、ホント。試験のたびにお腹を壊していたし、当時はメンタルの部分が全然ダメだったなと思います。

ちなみに、1点足りなくて落ちた愛知学院大学ですが…私より点が低かった同級生(男)が受かっていました。文学部は男子の受験者数自体が少ないらしく、男女のバランスをとるために男のほうが受かりやすくなっていたらしいです。それを聞いた時、すごく悔しかったですね。


1人のクリスマス

当時、彼氏と別れて独り身でいた私は「今年は一人でクリスマス過ごすんだろうな~」と23歳のゲームセンターの店員だった私はクリスマスの一ヶ月前くらいからボンヤリと考えておりました。

彼氏がいないのは寂しくなくゲームやコスプレなどのオタク趣味に突っ走っていた私は然程「クリスマス」を「誰かと過ごす」というのは正直その年は意識はしていませんでした。
しかもゲームセンターの仕事のシフトがイブとクリスマス当日に終日入っていた為、もう一人で寂しく仕事するしかないな(笑)と仕事に精を出そうと考えておりました。

しかし周りのバイトの友人達は「クリスマスは彼氏と過ごすの~」とか「皆でクリスマスパーティーやるんだ~」なんて何か月もまえから浮ついた様子で嬉しそうに話して仕事も、しっかりと休んでいやがりました(笑)勿論、私もパーティーに誘われなかった訳ではないのですが、こういった浮ついた連中のシフトを埋めるのに独り身の私の様な人間が本来なら夕方には終わるシフトを延ばして夜まで入って犠牲になっているのです。

そういった事情も理解しないで自分はサクサクと仕事を休んで私に浮ついた自分のクリスマス予定を話してくるんじゃねえと、当時は苦々しく思いましたね(笑)しかも、そういった連中は一人でいる私を「クリスマスを一人で寂しく過ごす可哀想な奴」と認識して今で言うマウンティングのような行動をしてくるんですよね~(笑)クリスマスを一人で過ごすのが一体何が悪いのか?一人で過ごさない人が偉い、凄いという意識の方が余程悪い気がします…。

クリスマスまでに「彼氏作れば~」とか言われたり…正直クリスマスの前にバタバタとくっつく連中がいますが長続きしたのを私の周りでは見た事がありません。
そういったイベント目当てで付き合いだしても大体ただのノリで付き合うのでお互いの事を理解してなかったり趣味が合わなかったりしてダメなんですよね。

私は自分の趣味なんかをちゃんと理解してくれる人か、同じ趣味の人とお付き合いしたかったのでクリスマス前に誰かと無理矢理付き合おうとか、そういった無駄なあがきは全くしませんでした(笑)
結局その年はクリスマスまで何もせずに平常心で過ごしました。
そしてクリスマス当日は、ゲームセンターに来るクリスマスを満喫しているカップルや家族連れを祝福しつつUFOキャッチャーが詰まったと言われれば直し、コインが出ないと言われれば調整し、クリスマスイベントでビデオゲームのクレジット数を増やしてあげたりと忙しく過ごしていましたが仕事が終わりに近づくにつれ何となくクリスマスっぽい事したいな~なんて思いだしました…
そして帰りにクリスマスケーキを買って帰ろうと決意しました(笑)いえ決して寂しいとかではなくイブとクリスマス当日連勤で忙しくて疲れが出て甘い物が食べたい!となって結局帰りに少し割引になった可愛らしいクリスマスケーキを1ホール買って帰って夕食代わりに家で一人でモリモリと食べました…

しかし来年はこんなに浮ついた連中の代わりをしてやって疲れたくない、そしてクリスマスにくるお客様の数ハンパない!と思い、イブがクリスマスのどちらかは休もうと考えていたのですが翌日出勤したら店長がクリスマスにあまりにも人員が居なくて困った為、来年はクリスマスには特別ボーナスを出すと言い出したので来年も、そのボーナス目当てで出勤してしまおうと考えてしまいました(笑)
来年は、そのボーナスで頑張った自分に何かクリスマスプレゼントを買って今年よりは優雅に1人のクリスマスを過ごそうと心に誓いました。
でもクリスマスケーキは1ホール買うにしてももっと小さいサイズにしようと思いました…
何故なら一人で平らげたケーキのせいで太ってしまったからです…。ちくしょう。

クリぼっち回避

似たような女性もいるのですね。